「だいたい」と「たいてい」はどう違う?

「だいたい」と「たいてい」。
両方とも「全部ではないが大部分」ということを表す時に使う言葉です。

この二つの言葉。
実は、その使い分けに悩む外国人が多いのです。

どうしてか?
辞書をひくと、どちらにも「大部分、ほとんど」という説明が書いてあり、
辞書によっては、「だいたい」の説明に「たいてい」と書いてあるものも
あります。だから、「だいたい」=「たいてい」と考える外国人が多いのです。

しかし、本当に同じでしょうか
皆さん、次の文で考えてみてください。

Q:報告書はもう書き終わった?
A1:はい、だいたい書き終わりました。
A2:はい、たいてい書き終わりました。

この場合、A2の答えを聞いたら、私たち日本人は「変な日本語」と感じる
のではないでしょうか。

では、次の場合はどうでしょうか。

B:私はだいたい寝る前に歯を磨きます。
C:私はたいてい寝る前に歯を磨きます。

この場合は、Bの文に違和感を覚えるのではないでしょうか。

そうです。この「違和感」は私たち日本人は「だいたい」と「たいてい」を
使い分けているということを教えてくれています。

では、どう違うのか・・・というと、
「だいたい」ある一つのものに対する大部分を表す時に使う表現。
「たいてい」複数の同種のもの大部分を表す時に使う頻度・確率の表現
ということができます。

つまり、私たち日本人は、「報告書」という一つのものの大部分が書き終わって
いる時は「だいたい」を使い、複数の日(例えば30日間)のうち、「寝る前に
歯を磨く日」が大部分であれば、「たいてい」を使っているということです。

ただ、最近は「だいたい」が優勢(?)なのか、その使い分けが曖昧になって
きているようにも感じますが、使い分けないと変だ!という部分も残っている
ので、「だいたい」=「たいてい」と簡単に片づけてしまうのは、避けたいものです。

→日本語センターの法人向け日本語研修はこちら

無料相談・資料請求はこちらから
「外国人社員に日本語を学ばせたい」
「日本語研修の見積もりがほしい」
「オンラインで学べる日本語研修を探している」

無料相談・資料請求はこちらから
「外国人社員に日本語を学ばせたい」
「日本語研修の見積もりがほしい」
「オンラインで学べる日本語研修を探している」