イクラの缶詰

赤い宝石、イクラが旬ですね。
我が家では、生の筋子を買ってきて、自分の家でイクラの醤油漬けを作ります。

ところで、この「イクラ」。
ロシア語が語源であることをご存知でしたか?
私はロシア人の生徒から教えてもらいました。

ロシア語では「イクラ」=「魚の卵」という意味だそうで、
たらこも、キャビアも「イクラ」なのだそうです。
そして、なんと!ロシアではイクラの缶詰が売っているそうです!!!
これです。
↓↓↓
イクラの缶詰

ロシアでは缶詰で販売されているのが普通だそうで、値段は1000円ぐらい
とのこと。

また、ロシアでは日本と違い「塩漬け」で販売されていて、
「たっぷりバターを塗ったトーストの上に載せて食べるのがおいしい」
のだそう。
(日本人は想像するだけで、「・・・」ですね。
反対に、ロシア人は「どうして醤油??おいしくない!」と言っています)

いつかロシアに行く機会があったら、勇気を振り絞って
「イクラバタートースト」に挑戦してみます。

→日本語センターの法人向け日本語研修はこちら

無料相談・資料請求はこちらから
「外国人社員に日本語を学ばせたい」
「日本語研修の見積もりがほしい」
「オンラインで学べる日本語研修を探している」

無料相談・資料請求はこちらから
「外国人社員に日本語を学ばせたい」
「日本語研修の見積もりがほしい」
「オンラインで学べる日本語研修を探している」