それは「アイ」です。~ありがた迷惑なローマ字ルビ~

ある授業の1コマです。

教師:(ひらがなの「い」のカードを持って)これは なんですか。
学習者:それは 「アイ」です。
教師:??? いいえ、「アイ」ではありません。
学習者:??? 「アイ」です・・・。

さて、皆さん。
このやり取り。教師も、学習者もお互いに「???」と感じていますが、
理由がわかりますか?

実は、これ。
ひらがなをローマ字ルビ付きで覚えてきた学習者によく反応なのです。

日本語のひらがなを勉強するための教材には、ひらがな文字の横にローマ字が
振ってあることがよくあります。

でも、い」の横に「i」とあった時、それが「い」と読めるのは日本人だけ
です。

「なぜ?」と思った方。ちょっと、考えてみてください。
「i」と単独表示されていたら、「アイ」と読みませんか?
私たちはアルファベットを習ったとき、「i」は「アイ」と読むと教えられた
はずです。
ですから、外国人は「い(i)」と書かれていたら、「い=アイ」と読んでしまうのです。

本当に、ありがた迷惑なローマ字ルビです。

実際に、ローマ字ルビ(?)が振ってあるテキストを読ませると、
ゆき(YUKI:雪)」は「ユーカイ 、
あお(AO:青)」は「エイオ
と読みます・・・。

ちなみに、先生の話した言葉をアルファベットでメモをしている学習者の
ノートを見ると、いいえ」は「EEAと書いたりしています・・・。

これから日本語を教えようと考えている皆さん。
ローマ字でルビを振ってあげれば、読める」なんて、
決して思わないでください

ローマ字が読めるのは日本人だけです!!

→日本語センターの法人向け日本語研修はこちら

無料相談・資料請求はこちらから
「外国人社員に日本語を学ばせたい」
「日本語研修の見積もりがほしい」
「オンラインで学べる日本語研修を探している」

無料相談・資料請求はこちらから
「外国人社員に日本語を学ばせたい」
「日本語研修の見積もりがほしい」
「オンラインで学べる日本語研修を探している」