テレビ番組のテロップ

今では当たり前になっているテレビ番組のテロップ
これが多用されるようになった頃は「見づらい」とか、「目障りだ」とか
いう意見が多くでていました。
しかし、日本に住む外国人には好評のようです。

学習者たちも「先生、テロップは便利ですね♪」とよく言います。

日本に住んでいる外国人たちも、日本のTV番組を見ます。
その中でバラエティ番組は「難しい」と言います。
バラエティ番組は話すスピードが早いし、省略文だらけだし、さらには
方言(よしもと語?)もたくさん使用されます。
そのため、日本語を勉強中の外国人にとっては、とても難しい番組です。
そんな時、「便利」なのが、テロップなのだそうです。

バラエティ番組のテロップは、発言の内容や声のトーンなどによって、
字体が変わったり、デザイン、色も変わったりと、通常の「字幕」とは
違います。
学習者たちは、その字体の変化や、デザイン、色で「どんなニュアンス
なのか?」、「どういう意味の笑いなのか」を理解している
そうです。

こういう彼らの意見を聞くと、「日本人からは嫌がられることもあるテロップの
多用も、それによって助かっている人もいるんだな」と思い、バラエティ番組
を見るときにじーっと見て、考えてしまいます(日本語教師病ですね・・・)。

皆さんも、機会があるときに、「テロップ」をよく見てみてください。
今までとは違う感覚で、見られるかもしれません。

→日本語センターの法人向け日本語研修はこちら

無料相談・資料請求はこちらから
「外国人社員に日本語を学ばせたい」
「日本語研修の見積もりがほしい」
「オンラインで学べる日本語研修を探している」

無料相談・資料請求はこちらから
「外国人社員に日本語を学ばせたい」
「日本語研修の見積もりがほしい」
「オンラインで学べる日本語研修を探している」