あなたのホンダはどこのメーカーですか?

日本語を教えていると、日本では普通名詞として使っている言葉が、
世界では「???」の言葉になるということを知る機会が多くあります。

例えば、「ホチキス」

日本人は「ホチキス」を普通名詞として使っている方も多く、表記もカタカナ
なので、海外でもそう呼ばれていると思われがちですが、「ホチキス」と
海外で言っても、通じません。
海外では「ステープラー」と言い、実はJIS規格上の名称も「ステープラ」
なのです。

ですから、ホチキスを指して、「先生、これは何ですか?」と質問してきた
学習者に「それはホチキスです」と答えると、
皆、「ホチキス???どうして???」という反応をします。
これは、日本で初めてステープラを輸入したのが「ホッチキス社」の作ったものだった・・というが由来なのです。
(ちなみに、タイではホチキスのことを「マックス」と言うそうです。)

そんな中である日、インドネシアの学習者が、
「インドネシアのある地域では、オートバイのことをホンダと言います」
と教えてくれました。

ホンダのバイクだけでなく、カワサキでも、ヤマハでも、スズキでもバイクは
全部「ホンダ」と言う
とのこと。

『では、その地域の人たちは、「私は会社にホンダで行きます」と言うの?』
と質問すると、「そうです」とのこと。

さらに、ベトナム人の学習者も「ベトナムでも、ホンダと言いますよ
とのこと。

「あなたのホンダはどこのメーカーですか?」「私のホンダはヤマハです。」
という会話が成り立つのだそうです。

日本人からすると、ちょっと変な感じがしますが、面白いですね。

→日本語センターの法人向け日本語研修はこちら

無料相談・資料請求はこちらから
「外国人社員に日本語を学ばせたい」
「日本語研修の見積もりがほしい」
「オンラインで学べる日本語研修を探している」

無料相談・資料請求はこちらから
「外国人社員に日本語を学ばせたい」
「日本語研修の見積もりがほしい」
「オンラインで学べる日本語研修を探している」