お年玉

皆さま、あけまして おめでとうございます。
今年もこのブログを通じて「日本語の面白さ」、「外国人から見た日本」などを
紹介していきますので、よろしくお願いします。

さて、お正月ということで、2016年最初のブログは「お年玉」をテーマに
書きます。

日本では大人が子供にあげるお年玉。
今は、二十歳を過ぎても、働いていない学生はもらえることが多いでしょうか。
この「お年玉」文化は日本だけでなく、中国や、台湾、マレーシア、
シンガポール、ベトナム
などでも見られます。

ただ、やはり国が違うと若干違う部分もあります。

例えば、
① 赤い封筒に入れる(赤は縁起の良い色だそうです)
② 偶数の金額であげる(奇数は縁起が悪いそうです)
③ 親戚だけでなく、上司が部下にあげたり、ビルの警備員の人や、
  よく行くお店の人などにもあげる

といういように。

私が一番驚いたのは、マレーシア、シンガポールでは
「結婚するまでは何歳になってもお年玉がもらえる」
ということです。
(40歳でも、50歳でも、結婚していないなら、もらえるそうですよ)

これは、「結婚する = 一人前になる」という意味なのでしょうか・・・。
う~ん・・・。

→日本語センターの法人向け日本語研修はこちら

無料相談・資料請求はこちらから
「外国人社員に日本語を学ばせたい」
「日本語研修の見積もりがほしい」
「オンラインで学べる日本語研修を探している」

無料相談・資料請求はこちらから
「外国人社員に日本語を学ばせたい」
「日本語研修の見積もりがほしい」
「オンラインで学べる日本語研修を探している」