同じ「ん」でも、実は違うんです。


だ(神田)

この三つの語には「ん」が使われています。
日本人は「ん」は同じ一つの音と考えているので、この三つの語の「ん」は、
同じように聞こえます。
しかし、この「ん」。日本語を勉強する外国人には違う音に聞こえるのです。

では、どう違うのか。
皆さんも下の①~③のグループの語を実際に発音し、その違いを体で感じてみて
ください。
ポイントは「唇がつくか、つかないか」、
「舌が口の中の上につくか、つかないか」です!

① さぽ(散歩)/ほばこ(本箱)/さ
② はたい(反対)/かだ(神田)/あな人/れらく(連絡)
  /こざつ(混雑)
③ さか(参加)/り

どうですか、違いを体感できましたか?


①は、唇を閉じて発音する「ん」 で、後ろにパ行の「p」、バ行の「b」、
マ行の「m」が続くときの「ん」です。
②は、唇を閉じずに、舌を口の中の上の方につけて発音する「ん」で、後ろに
タ行の「t」、ダ行の「d」、ナ行「n」、ラ行の「r」、ザ行の「dz」が続く
ときの「ん」です。
③の「ん」は、唇を閉じず、また舌も口の中の上の方につけずに発音する「ん」
で、後ろにカ行の「k」、ガ行の「g」が続くときの「ん」です。

他にも、細かく分類していくと、日本語の「ん」の発音の仕方はたくさん
あります。
同じ「ん」と書いて、同じように発音していると思っている「ん」ですが、
体はその違いをちゃんと理解して区別しているんですね。

(おまけ)
JRなどの駅名は、この「ん」の発音の違いを表記でも使い分けています。
ばし(shimbashi):唇を閉じる「ん」
だ(kanda):唇を閉じない「ん」
皆さんも、注意して見てみてください。

→日本語センターの法人向け日本語研修はこちら

無料相談・資料請求はこちらから
「外国人社員に日本語を学ばせたい」
「日本語研修の見積もりがほしい」
「オンラインで学べる日本語研修を探している」

無料相談・資料請求はこちらから
「外国人社員に日本語を学ばせたい」
「日本語研修の見積もりがほしい」
「オンラインで学べる日本語研修を探している」