2021年度日本語教育能力検定対策講座

main_heddaer.png
本講座の特徴

1.6ヶ月、144時間の圧倒的な学習時間

一般的に日本語教育能力検定試験の学習時間は400時間と言われています。1回6時間、全24回の講座で144時間、復習や課題をこなす時間を合わせると十分な学習時間を確保することができます。やるべきことや期日が明確になることで効率的に学習を進めることが可能です。

2.独学では困難な音声・聴解分野を徹底指導

独学では理解しにくいと言われている「音声・聴解」分野を30時間以上徹底指導いたします。音声・聴解分野を長年指導している担当の解説は受講者の方より好評をいただいております。過去問を題材に演習と解説を繰り返すことで苦手意識を克服し得点源としていきます。

3.暗記ではなく指導現場で役立つオリジナル教材

教材は日本語センターの経験を活かしたオリジナル教材。単に問題の解説をするだけでなく、出題の意図や理解の過程を丁寧に説明しております。また、現場指導の観点で「その知識がなぜ必要か」「学習者にとって理解が難しい箇所」などを知ることができるので検定合格後も大いに役立ちます。

4.オンラインライブ型の安心感緊張感

独学の難点は「モチベーションを維持する」「質問ができない」ことです。通信教育ならば添削はありますが、山ほどある教材や課題に挫折してしまいがちです。オンラインライブ型では、教師やライバルの存在、コロナ禍での安心感、録画配信にはない緊張感で最後までやりきれます。

5.過去問対策メール連続ノック

日本語センターから定期的に配信される「過去問連続ノック」。過去問から一問一答形式で抜粋したものを直接メール送信します。提出していただけますとあなたの正答率と解説を返信します。「塵も積もれば山となる」気がついたときには多くの過去問演習をこなせていることになります。

1.6ヶ月、144時間の圧倒的な学習時間

一般的に日本語教育能力検定試験の学習時間は400時間と言われています。1回6時間、全24回の講座で144時間、復習や課題をこなす時間を合わせると十分な学習時間を確保することができます。やるべきことや期日が明確になることで効率的に学習を進めることが可能です。

2.独学では困難な音声・聴解分野を徹底指導

独学では理解しにくいと言われている「音声・聴解」分野を30時間以上徹底指導いたします。音声・聴解分野を長年指導している担当の解説は受講者の方より好評をいただいております。過去問を題材に演習と解説を繰り返すことで苦手意識を克服し得点源としていきます。

3.暗記ではなく指導現場で役立つ<オリジナル教材

教材は日本語センターの経験を活かしたオリジナル教材。単に問題の解説をするだけでなく、出題の意図や理解の過程を丁寧に説明しております。また、現場指導の観点で「その知識がなぜ必要か」「学習者にとって理解が難しい箇所」などを知ることができるので検定合格後も大いに役立ちます。

4.オンラインライブ型の安心感緊張感

独学の難点は「モチベーションを維持する」「質問ができない」ことです。通信教育ならば添削はありますが、山ほどある教材や課題に挫折してしまいがちです。オンラインライブ型では、教師やライバルの存在、コロナ禍での安心感、録画配信にはない緊張感で最後までやりきれます。

5.過去問対策メール連続ノック

日本語センターから定期的に配信される「過去問連続ノック」。過去問から一問一答形式で抜粋したものを直接メール送信します。提出していただけますとあなたの正答率と解説を返信します。「塵も積もれば山となる」気がついたときには多くの過去問演習をこなせていることになります。

こんな方におすすめ

▶独学や通信講座に不安を感じている

日本語教育能力検定試験は難易度が高く専門家の指示の下計画的に学習を進めることが合格への近道です。初心者の方、効率的に学習を進めたい方、教師や仲間と情報を共有したい方にオススメです。
本講座を受講いただくことで合格までの道筋を示します。
合格に向けて突き進むのみ!

毎週の講座と課題で学習を習慣化!

▶公認日本語教師を目指している

公認日本語教師の創設は未だに議論が続いておりますが、「日本語教育能力検定」を取得することで経過措置の対象になるのではないかと言われています。
今後始まる公認日本語教師試験・実習をこなしていくことは時間的にも経済的にも簡単なことではありません。

経過措置を利用して最短で公認日本語教師へ!

▶ボランティアで日本語教育に関わっている

これまで日本語教師だけで生計を立てていくのは非常に困難でした。そのためにボランティアや副業で日本語教育に関わっていた方も公認日本語教師を取得することで指導の幅が広がります。
日本語教師の多くが420時間養成講座を受講していますが、日本語教育検定を取得することで同様の資格となります。

これまでの指導経験が検定対策でアドバンテージに!

▶転職・セカンドキャリアに悩んでいる

日本語教師には、定年退職後のセカンドキャリアとして歩まれている方も多くいらっしゃいます。日本語指導だけでなく、ご自身の経験を若い学習者に伝えることにやりがいを感じているようです。
最近では、オンラインで自宅から授業をする働き方が多く、主婦や副業としても人気があります。

「日本語教師」の転職を考えているなら今がチャンス!

▶日本語センターの法人向け日本語研修に興味がある

日本語センターでは、企業で働く外国人社員を対象に日本語研修を請け負っております。本講座を受講した方で日本語センターで教師に興味のある方は優先的にご案内いたします。
日本語センターではオンラインで法人向けに日本語研修を実施しております。法人向けの実績は10年以上!

日本語教師としてのキャリア形成のお手伝いをします!

▶独学や通信講座に不安を感じている

日本語教育能力検定試験は難易度が高く専門家の指示の下計画的に学習を進めることが合格への近道です。初心者の方、効率的に学習を進めたい方、教師や仲間と情報を共有したい方にオススメです。
本講座を受講いただくことで合格までの道筋を示します。 合格に向けて突き進むのみ!
毎週の講座と課題で学習を習慣化!

▶公認日本語教師を目指している

公認日本語教師の創設は未だに議論が続いておりますが、「日本語教育能力検定」を取得することで経過措置の対象になるのではないかと言われています。
今後始まる公認日本語教師試験・実習をこなしていくことは時間的にも経済的にも簡単なことではありません。
経過措置を利用して最短で公認日本語教師へ!

▶ボランティアで日本語教育に関わっている

これまで日本語教師だけで生計を立てていくのは非常に困難でした。そのためにボランティアや副業で日本語教育に関わっていた方も公認日本語教師を取得することで指導の幅が広がります。
日本語教師の多くが420時間養成講座を受講していますが、日本語教育検定を取得することで同様の資格となります。
これまでの指導経験が検定対策でアドバンテージに!

▶転職・セカンドキャリアに悩んでいる

日本語教師には、定年退職後のセカンドキャリアとして歩まれている方も多くいらっしゃいます。日本語指導だけでなく、ご自身の経験を若い学習者に伝えることにやりがいを感じているようです。
最近では、オンラインで自宅から授業をする働き方が多く、主婦や副業としても人気があります。
「日本語教師」の転職を考えているなら今がチャンス!

▶日本語センターの法人向け日本語研修に興味がある

日本語センターでは、企業で働く外国人社員を対象に日本語研修を請け負っております。本講座を受講した方で日本語センターで教師に興味のある方は優先的にご案内いたします。
日本語センターではオンラインで法人向けに日本語研修を実施しております。法人向けの実績は10年以上!
日本語教師としてのキャリア形成のお手伝いをします!

学習内容
sc_kentei.png
日本の構造 社会言語学
音声・聴解 異文化コミュニケーションと社会
言語の構造一般 言語と心理
日本語の構造 世界と日本
学習者とコース設計 日本語の構造教育事情
コースの実践と振り返り 記述・過去問演習
講座概要
受講形式 オンラインライブ講座
日程 毎週土曜日 全24回(2021年4月~9月)
2021年4月3日開講
時間 10:00~17:00(休憩1時間)
定員 先着20名
教材 日本語センターオリジナル教材
アプリ Microsoft Teams
学費・お申し込み

受講料 100,000円(税込)

受講までの流れ

tokutyo.png

特典

日本語センター専用教師養成講座 (動画50時間分)※2022年3月末まで閲覧可能

Q&A
Q.日本語教育は初心者ですが大丈夫ですか? Q.英語は全くできないのですが大丈夫ですか?
日本語教育能力検定で問われるのは現場経験ではなく、決められた範囲に対してどれだけ対策を立てたかになります。もちろん、現場経験が知識を理解する上で大きな助けとなりますが検定試験の点数が合否を分けるため長年の教師経験のある方でも対策が必要となります。 日本語教育能力検定は日本語のみの試験になります。日本語教育では「直接法」を採用して、日本語で授業することが一般的です。日本語を教える多くの場合、受講者の母語は様々ですので全員が理解できる共通言語はありません。日本語を教えるにあたって外国語の習得は不要です。
Q.授業以外の勉強時間はどのくらい必要ですか? Q.受講料の支払いは分割可能ですか?
個人差はありますが、授業内容の復習・課題に1週間で3時間ほどかける方が多いです。毎日コンスタントに学習をしていけば、それほど負担に感じない学習量です。 お支払いは一括・銀行振込のみとなります。分割でのお支払いは別途ご相談下さい。また、クレジットカードでのお支払いはできません。
Q.仕事等で欠席をした場合、どうすればいいですか?
後日、当日の動画を配信しますので、そちらで復習が可能です。

Q.全くの初心者ですが大丈夫ですか?

日本語教育能力検定で問われるのは現場経験ではなく、決められた範囲に対してどれだけ対策を立てたかになります。もちろん、現場経験が知識を理解する上で大きな助けとなりますが検定試験の点数が合否を分けるため長年の教師経験のある方でも対策が必要となります。

Q.英語は全くできないのですが大丈夫ですか?

日本語教育能力検定は日本語のみの試験になります。日本語教育では「直接法」を採用して、日本語で授業することが一般的です。日本語を教える多くの場合、受講者の母語は様々ですので全員が理解できる共通言語はありません。日本語を教えるにあたって外国語の習得は不要です。

Q.授業以外の勉強時間はどのくらい必要ですか?

個人差はありますが、授業内容の復習・課題に1週間で3時間ほどかける方が多いです。毎日コンスタントに学習をしていけば、それほど負担に感じない学習量です。

Q.受講料の支払いは分割可能ですか?

お支払いは一括・銀行振込のみとなります。分割でのお支払いは別途ご相談下さい。また、クレジットカードでのお支払いはできません。

Q.仕事等で欠席をした場合、どうすればいいですか?

後日、当日の動画を配信しますので、そちらで復習が可能です。

無料相談・資料請求はこちらから
「外国人社員に日本語を学ばせたい」
「日本語研修の見積もりがほしい」
「オンラインで学べる日本語研修を探している」

無料相談・資料請求はこちらから
「外国人社員に日本語を学ばせたい」
「日本語研修の見積もりがほしい」
「オンラインで学べる日本語研修を探している」