日本語教育能力検定試験対策講座のご紹介!!(2020/4/22)

nihongo-center.png

スタッフをしております齋藤です。
今回は、5月開講の「日本語教育検定試験対策講座」についてのご紹介です!

皆様は、もうすぐ日本語教師が国家資格になるということをご存じでしょうか。
喜ばしいことですが、反面、日本語教師への道はさらにハードルが上がってしまいます。

しかし、現行の制度である「日本語教育能力検定試験」に合格すれば、「公認日本語教師」の「経過措置」を利用して、「公認日本教師」になることができます。
(この点は、前のトピック『日本語教師が国家資格に?「公認日本語教師」とは?第1弾!』でも詳しくご説明させていただきました。)

特に、公認日本語教師の条件に四大卒が必須となりましたので、学歴が高卒、短大卒の方は、420時間講座を修了していても条件がクリアできません。
逆に、検定に合格できれば、条件に該当しなくても認められるため、まさに今年が勝負どころなのです。

また、これから日本語教師を目指そうという方にも、今年は大きなチャンスです!
後々になってしまうと、420時間の受講に、実習・試験・四大卒の条件が加わります。
膨大な費用と時間がかかってしまうのです。

何度も繰り返してしまい、申し訳ございませんが、今年、検定試験に合格する!これが日本語教師への最短ルートです!!


【試験対策をどうする?】
では、試験対策はどのように行っていきますか?
① 一人で勉強する
② 対策講座に通う
どちらかの選択になるかと思います。

検定試験はマークシートと記述問題があり、範囲は膨大であると言われています。
そのため、いかに効率よく学習できるかがポイントとなります。

専門的な内容が多いので、一通り勉強したことがある方であれば、一人で勉強するという選択肢も可能かと思います。しかし、専門用語に不慣れな方や現場経験のない方でしたら、対策講座に通った方が効率的であるかと思います。

また、一人で勉強というのは、モチベーションをキープするのが大変・・・
仕事や家事と両立しながら勉強するのは、よほど精神的に強くないと難しいかなと思います。あくまでも個人的な意見ですが・・・。

speak_japanese.jpg

【検定試験対策講座の内容は?】
検定対策講座といっても、色々な講座があります。

例えば、ボリューム感のある検定対策講座の内容は、420時間の理論部分の講座を利用したものがほとんどです。
メリットは広く学べる点で、デメリットは試験出題される重要ポイントが絞られていない点です。もともと試験対策ではありませんから、出席重視であまり緊張感もありません。

現在ではビデオ通信という形で配信している講座もありますが、時間的なボリューム感は通学とあまり変わりはありません。たとえば、1年がかりで準備をするにはメリットがありますが、半年間の短期決戦には不向きなように思います。


【日本語センターの講座の強みは?】
では、気になる日本語センターの講座の強みについてご説明します!
ここから半年間が勝負ですので、効率的な学習という面を強化しています。

ポイントは以下の3点です。
1.1クラス10名の少人数制
 講師と受講者の距離が近く、皆で頑張ろう!という団結力が生まれます。
 サボっていたら、すぐに分かってしまいますね。緊張感が持続しそうです! 
2.出題傾向をおさえたユーキャンの教材とオリジナル必勝プリント!
 ユーキャンの教材は難しいことが分かりやすく説明してあり、絵や図も豊富。
 出題傾向もしっかりと押さえてあるため、やり切れれば大丈夫です。
 また、オリジナルの必勝プリントで、合格を確実に!!
3.フィードバック面談で個別対応
 毎回の課題の添削を行い、講師が個別にフィードバックします。
 勉強方法や重点的な課題への取り組み方などをアドバイスさせていただきます。
 そして何より、一緒に走ってくれるトレーナがいるのは心強くありませんか?

※なお、講座はWEBで受けられます!!
コロナウィルスの影響で通学できない期間は、WEBを使い双方向の授業で対処することが決定!!安心して、ご自宅で授業が受けられます。


【受講者特典について】
さらに、受講者の皆様への特典制度がありますので、将来日本語センターで日本語教師として教壇に立つことができます。

特典① 就労者向けの実践的日本語講座の受講料無料!(受講料206,000円相当)
特典② 日本語センターの教師として登録できる!

          
企業向け日本語研修の教師としてデビュー


企業向けの研修実績がある日本語センターの最大の強みは、やはり日本語教師としてデビューできるまでの一貫したフォローです。

検定試験は「知識」ですが、現場では「実践力」も必要です。
「知識」と「実践力」の両方を兼ね備えたプロの日本語教師を育成すること。
これが日本語センターの目指す最終的な目標と日本語教師像です。

国際化が急激に進む中、日本語教師の需要はますます高まっていくでしょう。
私たち日本語センターが、皆様の夢の実現をお手伝いいたしますので、ぜひ、一歩前に踏み出してみませんか。

講座へのお問合せやご質問などがございましたら、日本語センターまでお気軽にお問い合わせください。
日本語教育能力検定対策講座 https://www.nihongo-c.jp/kenteitaisaku/index.html

最後までお読みいただきありがとうございました。
平穏な日々の回復と、皆様とご家族のご健康をお祈りしております。

無料相談・資料請求はこちらから
「外国人社員に日本語を学ばせたい」
「日本語研修の見積もりがほしい」
「オンラインで学べる日本語研修を探している」

無料相談・資料請求はこちらから
「外国人社員に日本語を学ばせたい」
「日本語研修の見積もりがほしい」
「オンラインで学べる日本語研修を探している」